Author Archives: admin01

バイク買取会社への批判

バイク買取への批判がここ数年で目立つようになってきたのは確かです。

過当競争で弱肉強食の様相にもあります。

批判高まるその背景をお話ししておきます。

■安く買って高く売る、利益至上主義の会社。

バイク買取会社にもいろいろあります。

基本的にはバイク買取会社が増えすぎて、買取合戦が過熱している点です。

日本国内ではバイク人口が減って、バイク離れも加速しているので、会社の数は増えても買い取れる絶対量が減っています。

窮地に追い込まれたバイク買取会社は、是が非でも買い取っていこうとするので、客への対応が悪くなり、中にはバイク買取に出すまで帰らないと凄む会社もあります。

■最大のお客様に薄利多売で生き残りをかける。

アジア、中東が中古バイクの上得意様です。

バイク買取の絶対量は減っていますが、安く買いたたいてアジアや中東に売れば、利幅は少なくても何とかやっていける。

そうしなければ生き残れないという現状があります。

大手のバイク買取会社ほどこのような傾向は強く、ネットの一括査定を活用して、安く買いたたく傾向が顕著です。

■ネットの口コミに歯止めをかけることはできません。

しかも実名入りなので悪評はすぐに広がります。

しかし単なる誹謗中傷もあるので、事実かどうかを確認しましょう。

ネットで特定のバイク買取会社が悪く書かれていても、それが事実かどうかは別問題です。

安易に尻馬に乗るような判断ではなく、冷静に調べましょう。

残念ながらバイク買取業界の過当競争激化は事実です。

バイク買取の査定額をアップさせる方法はありますか?

バイク買取会社は同じようにみえて査定のポイントが異なります。

まずは会社選びから注意~。

メーカー系の小さな規模の会社が安全。

概略をお話ししておきます。

■バイク買取会社の選択から注意が必要。

バイク買取に際して気をつけることは、まずバイク買取会社をしっかり選別することです。

大手の会社ではなく、バイクメーカー系の比較的小さな会社のほうが良心的です。

走行距離はあまり気にしなくていいですが、エンジン、サスペンション、ブレーキ、アクセルには気をつけましょう。

値引きを前提にいろいろ言ってくるところは、シートの型崩れ、車体の小さなキズも指摘します。

一括査定の質問項目にはないので、ほとんどは訪問査定で値引きの対象にされます。

■価値を決めるのはバイク買取会社。

買取を予定しているバイクが、値打ちのあるものかどうかは。

バイク買取会社と査定員が決めます。

本人がいくら値打ちがあると思っていても、それをできるだけ安く買い取るのが、バイク買取会社の仕事です。

修理できるところは修理して、バイクの価値は、ネットで市場性を確認しておきましょう。

■バイク買取の会社によっては、持ち主が修理するのを嫌います。

傷がバイク買取価格のマイナス査定に引っかるなら修理しましょう。

せっかく修理しても、その修理代がバイク買取の価格を底上げしてくれないなら無意味になります。

修理代が余分な出費になるので注意しましょう。

その他、カスタム車、事故車は値打ちがあっても低い査定額になります。

壊れたバイクも買取は可能?

不慮のバイク事故で故障してしまったバイク、長年乗らなくなって動かないバイクを買取してもらいたい・・・バイク買取の業者はそういったバイクでも買い取ってもらえるのでしょうか。

【事故車と不動車の査定の違い】

事故車とは、転倒などの事故によって車体そのものが破損しているバイクのことを指します。

多少のキズやへこみは事故車とはみなされません。

あくまでも、事故によって正常走行ができないほどダメージを受けている状態のバイクが事故車といえるでしょう。

事故車を査定する場合は、そういった修理箇所の修理費用が予めいくらかかるかを算定したうえで、相場の査定額から差し引かれる方法を多くの業者が行っています。

不動車とは、文字通り動かなくなったバイクのことです。

野ざらしにしていて車体がさび付いている、可動域が固まっている、パーツが腐食しているなどの状態を指します。

不動車は乗っていないから動かないだけであって、部品交換さえ行えば走り出すケースが多いため事故車より査定額が上がる可能性があります。

査定に出す場合、サビ取りなどを行って見た目をきれいにしておきましょう。

【輸入車は高額買取の期待アリ】

事故車・不動車であっても意外と査定額が高くつくのが輸入車です。

輸入車は在庫が少ないのと、バイクマニアの需要も高いため、バイク買取の業者によっては思わぬ査定額を得られる可能性があります。

いずれにしても、事故車の査定額は業者によって差があります。

必ず複数の業者で見積りを取るようにしましょう。

バイク買取がいいか、廃車がいいか

長年乗ったバイクだけれど車体や性能が劣化したので乗り換えたい、もう乗らなくなったので放置して雨ざらしにしていたので動くかどうかもわからない。

そのようなバイクを手放す場合、バイク買取に出しても値段はつかなさそうだし、廃車にしてしまうという人もいます。

だけど、本当に廃車という方法しかないのでしょうか。

【一般的な廃車の行い方】

廃車を自分で行う場合は、解体の手続きと書類上の手続きが必要です。

解体は、専門業者に直接持ち込みをして行います。

解体が終わったら、125㏄までの小型のバイクなら自治体の役所で、それ以上の中~大型バイクの場合は陸運局で廃車手続きをすることになります。

また、バイクの大きさによって書類も異なるので注意しましょう。

バイクの処分料として、解体費用で1万円程度、書類自体は高くありませんが手数料などで1000円ほどかかってしまいます。

【バイク買取の方がオススメ】

実は、廃車同然のバイクの場合でもバイク買取の業者によっては査定がつくことがあります。

ほとんどタダ同然の価格で引き取ってもらったとしても、自分で廃車にするよりかは幾分かお金になって戻ってくると思えばバイク買取の方が有利といえます。

これは、業者の方で解体をすればパーツとして価値が生まれたり、まだ乗れる状態のバイクであれば海外で需要があるためです。

もう乗れないからといって、廃車と決めつけないでまずは買取業者に相談してみましょう。

乗り換えのためにバイク買取を利用しよう

初めて買ったバイクで愛着もあるけどもう少し大きな車種にチャレンジをしたい、長年乗ったので、そろそろ新しいバイクに乗りたいなど、ライダーは乗り換えをするのが当然の流れになっています。

乗り換えをすることになったら、今までのバイクはぜひバイク買取の業者に売却をしましょう。

【バイク買取の流れ】

まずはバイクを査定をしてもらわなければ始まりません。

バイク買取の業者はたくさんありますので、一軒ずつ申し込みをするのは大変です。

インターネットの一括査定を利用するのがよいでしょう。

複数の業者からメールで一度に見積りが届くので、その中で選ぶことができます。

申し込みをすれば、実際に査定員が見積りに訪問することになります。

一社だけとは決めず、必ず複数の業者から見積りを取りましょう。

ネットの査定額と実際にバイクの状況を見て買取額が決まるため、業者ごとに開きがあるからです。

買取業者を決めたら、実際に書類を提出して手続き完了となります。

買取金額は現金の手渡しか銀行振込のいずれかとなります。

未成年がバイクを売る場合は親権者の同意書と身分証明書が必要となりますので注意が必要です。

【必要書類について】

バイクの大きさに関わらず印鑑、運転免許証などの身分証明書、自賠責保険証書は必要となります。

また、125㏄以下の原付バイクは標識交付書、250㏄までのバイクは軽自動車届出済証、それ以上の大型バイクの場合は車検証が必要となります。