Author Archives: admin01

バイク買取の悪徳業者はクーリングオフに応じない?

自宅に査定に来てもらい、バイクを買取してもらったけれどやっぱり売るのを止めてクーリングオフを申し出たら、「応じられない」と業者に言われたという話を聞きました。

そんな業者はどうなのでしょうか。

バイク買取業者の中には、悪徳業者と言われるところも残念ながらあります。

悪徳業者に引っ掛からないよう、見分けるポイントをいくつかご紹介します。

まず、査定後に金額を提示するのですが、その時に「この金額で売ってくれないと帰らない」などと威圧する業者は要注意です。

また、契約時にクーリングオフ制度の説明をしない業者も良くありません。

悪徳業者は最初からこのことに触れるつもりはないのです。

こちらから言って初めて説明する業者は避けた方が良いかもしれません。

かなり悪質と言える業者は、クーリングオフの期間(8日間)内に連絡が取れなくなります。

電話が通じても、「担当者がいないのでわからない」などと言い、8日間が過ぎるのを待つようです。

もし、このような適用期間の引き延ばしがあるようなら、すぐに書面で手続きする準備を進めましょう。

悪徳業者の中には、クーリングオフに応じるがバイクを送り返す配送料を請求(本来は請求できない)したり、キャンセル料がいるとか面倒な手続きが必要だ、などと言ってクーリングオフの妨害をするところがあります。

これらのいずれかが当てはまる業者は避けた方が良いでしょう。

バイク買取をキャンセルできるクーリングオフ制度とは?

バイク買取業者に査定してもらいバイクを買い取ってもらう契約をした後でもクーリングオフという制度を利用すれば契約をキャンセルすることができます。

今回はそのクーリングオフ制度についてまとめておきます。

クーリングオフとは、「契約したけれども良く考えてみたらやっぱり契約を解除したい!」と思った時にできる消費者の権利です。

クーリングオフが適用されるのは、インターネットでの通信販売や電話を利用した商品購入の勧誘による販売、訪問販売などです。

バイク買取の場合は、出張買取の場合に適用されます。

店頭に持ち込んで買取を依頼した場合はクーリングオフできません。

適用になる期間は、契約日から8日間になります。

では、実際にクーリングオフを行うときはどういう手順になるのでしょうか。

クーリングオフは必ず書面で行います。

はがきでも良いので、「契約解除通知書」とし、契約内容を記載して送付します。

普通郵便でなく、特定配達記録か簡易書留で送りましょう。

その場合、送付したはがきはコピーして控えとして残します。

一番おすすめなのは内容証明郵便です。

書面の記入例はインターネットで検索すれば出てきます。

まれなケースですが、出張買取で買い取ってもらったバイクなのに、クーリングオフを希望したら業者から「できない」と言われたというケースもいくつかあるようです。

本来、買取業者はクーリングオフ制度があることを事前に説明しなければなりません。

それをしない上にキャンセルもできないというのは悪徳業者です。

できないと言われても8日間はキャンセルできることを覚えておいてくださいね。

バイク買取会社への批判

バイク買取への批判がここ数年で目立つようになってきたのは確かです。

過当競争で弱肉強食の様相にもあります。

批判高まるその背景をお話ししておきます。

バイク買取会社にもいろいろあります。

基本的にはバイク買取会社が増えすぎて、買取合戦が過熱している点です。

日本国内ではバイク人口が減って、バイク離れも加速しているので、会社の数は増えても買い取れる絶対量が減っています。

窮地に追い込まれたバイク買取会社は、是が非でも買い取っていこうとするので、客への対応が悪くなり、中にはバイク買取に出すまで帰らないと凄む会社もあります。

最大のお客様に薄利多売で生き残りをかけています。

アジア、中東が中古バイクの上得意様です。

バイク買取の絶対量は減っていますが、安く買いたたいてアジアや中東に売れば、利幅は少なくても何とかやっていける。

大手のバイク買取会社ほどこのような傾向は強く、ネットの一括査定を活用して、安く買いたたく傾向が顕著です。

ネットの口コミに歯止めをかけることはできません。

しかも実名入りなので悪評はすぐに広がります。

しかし単なる誹謗中傷もあるので、事実かどうかを確認しましょう。

ネットで特定のバイク買取会社が悪く書かれていても、それが事実かどうかは別問題です。

安易に尻馬に乗るような判断ではなく、冷静に調べましょう。

残念ながらバイク買取業界の過当競争激化は事実です。

バイク買取の査定額をアップさせる方法はありますか?

バイク買取会社は同じようにみえて査定のポイントが異なります。

まずは会社選びから注意~。

メーカー系の小さな規模の会社が安全です。

概略をお話ししておきます。

バイク買取に際して気をつけることは、まずバイク買取会社をしっかり選別することです。

大手の会社ではなく、バイクメーカー系の比較的小さな会社のほうが良心的です。

走行距離はあまり気にしなくていいですが、エンジン、サスペンション、ブレーキ、アクセルには気をつけましょう。

値引きを前提にいろいろ言ってくるところは、シートの型崩れ、車体の小さなキズも指摘します。

一括査定の質問項目にはないので、ほとんどは訪問査定で値引きの対象にされます。

買取を予定しているバイクが、値打ちのあるものかどうかはバイク買取会社と査定員が決めます。

本人がいくら値打ちがあると思っていても、それをできるだけ安く買い取るのが、バイク買取会社の仕事です。

修理できるところは修理して、バイクの価値は、ネットで市場性を確認しておきましょう。

バイク買取の会社によっては、持ち主が修理するのを嫌います。

傷がバイク買取価格のマイナス査定に引っかるなら修理しましょう。

せっかく修理しても、その修理代がバイク買取の価格を底上げしてくれないなら無意味になります。

修理代が余分な出費になるので注意しましょう。

その他、カスタム車、事故車は値打ちがあっても低い査定額になります。

壊れたバイクも買取は可能?

不慮のバイク事故で故障してしまったバイク、長年乗らなくなって動かないバイクを買取してもらいたい・・・バイク買取の業者はそういったバイクでも買い取ってもらえるのでしょうか。

事故車とは、転倒などの事故によって車体そのものが破損しているバイクのことを指します。

多少のキズやへこみは事故車とはみなされません。

あくまでも、事故によって正常走行ができないほどダメージを受けている状態のバイクが事故車といえるでしょう。

事故車を査定する場合は、そういった修理箇所の修理費用が予めいくらかかるかを算定したうえで、相場の査定額から差し引かれる方法を多くの業者が行っています。

不動車とは、文字通り動かなくなったバイクのことです。

野ざらしにしていて車体がさび付いている、可動域が固まっている、パーツが腐食しているなどの状態を指します。

不動車は乗っていないから動かないだけであって、部品交換さえ行えば走り出すケースが多いため事故車より査定額が上がる可能性があります。

査定に出す場合、サビ取りなどを行って見た目をきれいにしておきましょう。

事故車・不動車であっても意外と査定額が高くつくのが輸入車です。

輸入車は在庫が少ないのと、バイクマニアの需要も高いため、バイク買取の業者によっては思わぬ査定額を得られる可能性があります。

いずれにしても、事故車の査定額は業者によって差があります。

必ず複数の業者で見積りを取るようにしましょう。