バイク買取の悪徳業者はクーリングオフに応じない?

自宅に査定に来てもらい、バイクを買取してもらったけれどやっぱり売るのを止めてクーリングオフを申し出たら、「応じられない」と業者に言われたという話を聞きました。

そんな業者はどうなのでしょうか。

バイク買取業者の中には、悪徳業者と言われるところも残念ながらあります。

悪徳業者に引っ掛からないよう、見分けるポイントをいくつかご紹介します。

まず、査定後に金額を提示するのですが、その時に「この金額で売ってくれないと帰らない」などと威圧する業者は要注意です。

また、契約時にクーリングオフ制度の説明をしない業者も良くありません。

悪徳業者は最初からこのことに触れるつもりはないのです。

こちらから言って初めて説明する業者は避けた方が良いかもしれません。

かなり悪質と言える業者は、クーリングオフの期間(8日間)内に連絡が取れなくなります。

電話が通じても、「担当者がいないのでわからない」などと言い、8日間が過ぎるのを待つようです。

もし、このような適用期間の引き延ばしがあるようなら、すぐに書面で手続きする準備を進めましょう。

悪徳業者の中には、クーリングオフに応じるがバイクを送り返す配送料を請求(本来は請求できない)したり、キャンセル料がいるとか面倒な手続きが必要だ、などと言ってクーリングオフの妨害をするところがあります。

これらのいずれかが当てはまる業者は避けた方が良いでしょう。