バイク買取をキャンセルできるクーリングオフ制度とは?

バイク買取業者に査定してもらいバイクを買い取ってもらう契約をした後でもクーリングオフという制度を利用すれば契約をキャンセルすることができます。

今回はそのクーリングオフ制度についてまとめておきます。

クーリングオフとは、「契約したけれども良く考えてみたらやっぱり契約を解除したい!」と思った時にできる消費者の権利です。

クーリングオフが適用されるのは、インターネットでの通信販売や電話を利用した商品購入の勧誘による販売、訪問販売などです。

バイク買取の場合は、出張買取の場合に適用されます。

店頭に持ち込んで買取を依頼した場合はクーリングオフできません。

適用になる期間は、契約日から8日間になります。

では、実際にクーリングオフを行うときはどういう手順になるのでしょうか。

クーリングオフは必ず書面で行います。

はがきでも良いので、「契約解除通知書」とし、契約内容を記載して送付します。

普通郵便でなく、特定配達記録か簡易書留で送りましょう。

その場合、送付したはがきはコピーして控えとして残します。

一番おすすめなのは内容証明郵便です。

書面の記入例はインターネットで検索すれば出てきます。

まれなケースですが、出張買取で買い取ってもらったバイクなのに、クーリングオフを希望したら業者から「できない」と言われたというケースもいくつかあるようです。

本来、買取業者はクーリングオフ制度があることを事前に説明しなければなりません。

それをしない上にキャンセルもできないというのは悪徳業者です。

できないと言われても8日間はキャンセルできることを覚えておいてくださいね。