バイク買取の際の税金

バイクを売りたいけれど、税金をしばらく滞納中という場合、売ることができるのでしょうか。

バイク買取りの際に軽自動車税を滞納している車体でも、買取りはしてもらえます。

軽自動車税は4月1日の時点で登録している所有者に課税されるので、名義変更などの事務手続きを行う時点で3月31日なのか4月1日なのか、微妙な場合はバイク買取店に確認しておいた方がいいでしょう。

どちらが納税をするのか、登録の日時がいつになるのかといった確認です。

それ以前に長期の税金滞納などがあれば、いくらその後に登録上の所有者名が変更されても、滞納した税金に関しての支払い義務は変わりません。

そのため、納税はできるだけ早めにきちんと支払をすることをおすすめします。

売却したはずのバイクに関してなぜか納税するようにハガキが届いたというような場合は、どこかで間違いがあったことが予想できます。

売却時の書類などをそろえて、実際にバイク買取りをした会社に問い合わせをしましょう。

代行で名義変更を全てお願いしている場合などは、変更した時に書類のコピーが送られてきているはずです。

陸運支店に問い合わせをする際にも、変更時の書類を手元に準備しておくのがベストです。

バイクの税金は4月1日で名義がある人が1年分を一括で支払うのが自動車とは違います。

支払う金額はバイクの排気量によって違います。

原付は排気量別に3段階あり、軽二輪、小型二輪でも税額が違います。

★バイク王のサイトもご覧ください>>>バイク買取について